■古本屋さん始めました→
http://members3.jcom.home.ne.jp/mado/
               


大学ノート2006年杉田敦「美学」講義

★古典的「美学」と現代アート

ふつう「美学」といって習うのは古典的美学。
<昔の人たちが何を考えていたのか>
それもたいせつ。
but
「美」は時代性によって変化する

---------------------------
時代性→「美」←文化  
       ↑
    個人の感性
---------------------------
例:マッシュー・バーニー「クレマスター」
200年前の人にみせて美しいというか?


・美とは複合的なもの
それを考える美学(エステティア)

----------------------------------------
古典美とは→


★古典美の考え方


  美←→善・真理
    ↑
結びついていた

これはプラトンから。

プラトンは直接性を重視した。

芸術の意義とは真理を直接手に入れること

but
絵画、彫刻などの造形芸術は含まれない。
では何?
それは
1、詩(ポエジー)
2、音楽

これこそ最高の芸術。
イデアを直接手に出来る芸術。

なぜ?
-----------------------
<詩>     < 絵>
真理(イデア)    真理(イデア)
↓             ↓
詩人         絵描き(職人)
↓             ↓
↓           具体的な形
↓              ↓
<詩>         <絵>
↑             ↑
直接的         間接的

このときの絵描きの2つのダメな要素:
・まねる(模倣ミネーシス)+つくる(制作ポイエーシス)
・素材に縛られてしまう
-----------------------
というわけで、絵描きは下等な活動であるbyぷらとん

プラトンの数式
<まねる(模倣ミネーシス)+つくる(制作ポイエーシス)>

これをあてはめると
過去の芸術運動にあてはまってゆく。